アトリエ 京都|京染めのアトリエ フジコウ

絞り技法紹介
絞り技法紹介
絞り技法絞りとは、布を染める前に部分的に結ぶ・縫い
締める・挟むなど圧力を加えることによって染料の
浸透を防ぎ模様加工をする染め技法です。
技法や技術の組み合わせも複雑であり、非常に
緻密な技法の集積により熟練が必要とされます。

一般に絞りと云えば鹿の子絞りをイメージされる方が多い傾向にあります。 しかし絞りは鹿の子絞りだけでなく、様々な絞り技法が五十種ほど保持されており、途絶えた絞り技術を加えると数えきれない程の種類が存在します。

日本では飛鳥・天平文化が花開く六世紀頃の天智天皇の時代の日本書紀が絞りを書いた最古の文献として確認され、万葉集にも絞りの衣服を詠んだ歌があるほどその歴史は古く、安土桃山時代には慶長小袖や戦国武将の陣羽織に、江戸時代においては京鹿の子絞りが高級衣服の地位を確立しました。
現在では豪華絢爛な逸品もの高級呉服や普段着の浴衣にまで幅広く用い愛されている絞り技術ですが、そのような長い歴史を背景にして現代の衣装に息づいております。

アトリエフジコウで制作される作品は、桶絞り(桶出し絞り)を基本に帽子絞り・巻上げ絞り・杢目絞り・手筋絞り・三浦絞り・鎧絞りなどの約十種類の絞り技術と素描き・引き染・ぼかしなどの染色工芸を融合させ、時には金彩加工も加え作品を仕上げます。

私たちは作家一貫の総合的なチームとして京都の職人育成や分業制も大事にしながら、全工程手作りによるこだわりの逸品を京都から全国にお届けしております。
<< PAGE TOP >>
アトリエフジコウ絞り技法の制作工程

@小下絵(雛型)⇒ 下絵の型彫り 小下絵(雛型)⇒ 下絵の型彫り

A下絵を青花で生地に染める 下絵を青花で生地に染める

B糸入れ(下絵通り運針) 糸入れ(下絵通り運針)

C彩色(色挿し)や素描き等の複合加工 彩色(色挿し)や素描き等の複合加工

D引染め・ぼかし染め等で地染め 引染め・ぼかし染め等で地染め

E小帽子絞り等(下絵により技法が変わる) 小帽子絞り等(下絵により技法が変わる)

F桶打ち・桶詰め(一色一桶の桶絞り) 桶打ち・桶詰め(一色一桶の桶絞り)

G桶染め⇔多色染は何度も繰り返す。 桶染め⇔多色染は何度も繰り返す。
上記工程を一旦終えたらCDEの工程に何度も戻り、作品ごとの配色を行う。

H染め上がり(写真は様々な絞りの作品です) 染め上がり(写真は様々な絞りの作品です)

I絞りほどき工程 絞りほどき工程

J蒸し水元(友禅流し) 蒸し水元(友禅流し)

K湯のし⇒ 検品 湯のし⇒ 検品

反物・仮絵羽にして作品完成  
全体の工程は上記を含め、
12〜20程の作業を繰り返し仕上げる。
反物・仮絵羽にして作品完成 
<< PAGE TOP >>